談話室

平成24年12月25日(火) 年の瀬に思う 平成24年を顧みて

 未来を見据え、常に先々のことを考えるべきですが、繁忙の中にあってもほんの少しだけ1年を振り返る余裕を持ちたいものです。「都民の命と安全を守る」、私の様々な活動や発言も、突き詰めれば、この最もあたりまえのことに行き着きます。その意味で、本年  月に東京都議会の防災対策特別委員長の任に就かせて頂いたことは、私の拠って立つところを改めて確認するとともに、微力を尽くす決意を新たにしたところです。東北地方を襲った大震災から、まもなく2度目の新年を迎えます。震災から図らずも学んだことはたくさんあります。防災上の教訓はしっかりした対策のなかに活かす必要があります。そして、なによりも人の幸せ、ごく当り前の日々の暮らしこそが大切にされなければなりません。老若男女問わず、被災された方々の発せられる言葉の端端からこのことが窺えます。今年はロンドンオリンピックが開催され、メダリストを始めとしたアスリートの皆さんから、多くの感動と希望、勇気をいただきました。世界の若者が集う平和の祭典、そして私たちの平凡な生活が持続することを願って、今一度、師走の街に出てみることにします。良いお年を!


24-12_2.jpg